予防歯科

予防歯科とは、ムシ歯や歯周病になってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。

歯と口腔の健康を積極的に守るため、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日のセルフケアの両方で、歯と口腔の予防歯科を実践しましょう。
すでに欧米では、歯科医院などで定期健診を受けることが習慣となり、日頃から歯科医師や歯科衛生士と一緒に歯と口腔の健康を実践しています。

予防歯科の基本は、歯が生えはじめた時から歯の健康を考え、守ることです。
歯を失うとQOL(健康的な生活の質)が下がります。そうならないためにも、正しい知識を身につけ、生涯を通じて歯を守り、管理する「予防歯科」が大切になります。日本では2012年に厚生労働省から歯科口腔保健の推進に関する基本的事項が報告され、予防歯科が推奨されています。
ぜひ、日々の生活の中に、予防歯科を取り入れ、健康な歯と口腔内を維持しましょう。

この部分には、予防歯科の

イラストか、適切な写真を入れる